リノベーションを検討して土地活用

不動産投資を行う時に必要なことの一つに挙げられるのは、その不動産の土地の価値を正確に理解することが大切です。

不動産投資として購入する際に、費用対効果を考えなければなりません。

海の見える物件はどこにでもあるというわけではないでしょう。

海が見える土地の価値には、お金に代え難い特徴があります。

例えば海風が心地よかったり、目の前に広がる海と夕日、夜空の風景が楽しめたり、都心に近いと大変便利です。

また海に近いという事でイメージが良く、希少性から精神的なゆとりが生まれることもあります。

不動産はとても魅力的で安く買ったり、付加価値をつけて高く売ることができます。

お金と比べても実物ですし、インフレになるにかデフレになるのか分からない社会状況では魅力があります。

バブル時代と比べると土地を持っているだけでは、価値があると言えない社会になっています。

土地を所有していると負担になる場合もあります。

土地を更地で持つということは、一見リスクがないように見えますが、実際は隠れたリスクが存在します。

土地や建物のような不動産には固定資産税が掛かります。

何も活用していない更地も同様で、利益が無い土地に毎年固定資産税の支払いを行ないます。

なので建物を建てたり、人に貸したりと更地を有効に活用することが大切です。