失敗しない為の不動産投資の知識

失敗しない為の不動産投資の知識

不動産投資とは、所有している不動産を他人に貸すことで、収入を得ることである。ここでは不動産投資について、そのメリットと方法とを簡単に説明する。

まず、最初から所有している不動産がある場合は、話が簡単だ。その不動産の賃料を設定して、その賃料で借りてくれる店子を探せば良いだけだ。

所有している不動産を利用せずに寝かせておくよりは、はるかに有意義だと言える。所有している不動産がない場合は、購入する必要がある。

購入には多くのお金がかかるが、それを貸し出すことで、やがては支払った額よりも利益の方が上回るようになる。購入は、住宅ローンを組んでもかまわない。

月々の住宅ローンの支払いがたとえ5万円でも、10万円の賃料で貸し出せば、差額の5万円が月々の収入となる。もちろん不動産を購入した以上、固定資産税の支払いが必要になる。

また店子の入れ替わりによって清掃やリフォームもせねばならず、その費用も必要になる。したがってそれらを支払ってもなお利益が出るように、賃料や敷金や礼金などを設定しなければならない。

魅力的な不動産であれば、多くの店子が集まり、その分利益も大きくなる。

利益が大きければ、それだけで生活することも十分に可能だ。そのため老後の生活の糧とするために、不動産投資をおこなっている人は多くいる。